共生型福祉サービス

基本方針

利用者が地域において共同して自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、利用者の身体及び精神の状況並びにその置かれている環境に応じて共同生活住居において入浴、排せつまたは食事等の介護、相談その他の日常生活上の援助を適切かつ効果的に行います。

サービス内容

共生型福祉サービスとは

共同生活援助計画

利用者の人権を尊重し、個々の利用者のニーズに合わせた共同生活援助計画等を作成するとともに、定期的に支援内容の見直しを図る。

きめ細やかな対応

利用者や家族の相談にはきめ細やかに対応する。

社会性を育む

利用者が協調性や主体性・社会性を育めるよう支援する。

相互理解

障がいの種別を超え、互いに理解・協力し合えるよう支援する。

他サービスとの連携

他の障害福祉サービス(日中系)との連携を図り、トータル支援に努める。

地域と連携

地域ネットワークを広げ、連携・協力体制の構築に努める。

地域とのつながり

地域行事等に積極的に参加する。

共生型福祉サービスを行っている施設